保険・制度の申請のポイント

住宅改修における公的補助は、手すりの取り付けやバリアフリーなどの工事により、要介護の認定を受けた方の自立を助け、生活の質を高めることを目的にしています。
介護保険制度は、ご本人様もしくは同居のご家族の方に「要支援」もしくは「要介護1~5」と認定された在宅の方がいらっしゃる方を対象にした助成制度です。住宅改修が必要な人に対し、一生涯で20万円まで、改修工事の9割を補助してくれます。

改修工事の内容については工事場所によって、また各市町村によって条件が有ります。また各自治体などで、高齢者住宅改修費支援制度や障害者住宅改造費助成制度が用意されていることがあり、助成額はそれぞれ異なります。給付対象になる工事かどうかをケアマネージャーなどの専門家や主治医に確認しておきましょう。

また、申請の際にはいくつかの書類が必要です。そのうちのひとつである「住宅改修理由書」の作成は、居宅介護支援事業者等に所属する介護支援専門員または作業療法士、福祉住環境コーディネーター2級以上等の有資格者に限られております。

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。高齢者や障害者の住環境の問題点やニーズの発見、住環境整備の方向性や方針の決定、本人や家族、ケアマネージャー、リフォーム会社などとの調整、施工後のフォローアップに至る一連の流れをコーディネートする役割を担います。
ハートステーションなら、福祉住環境コーディネーター1級が所属しているため、この手続きをスムーズに行うことができます。

介護に精通した有資格者のいる会社を選ぶ

業者選びのひとつの目安として、そのリフォーム会社に、福祉住環境コーディネーターが在籍していれば、なお良いでしょう。

福祉住環境コーディネーターは、福祉・医療・建築、それぞれの専門家と連携して活動し、介護を受ける本人とその家族の希望に合わせた住宅デザインを提案しています。高齢者にとって住みやすい住宅づくりのポイントをよく知っているだけでなく、介護リフォームに関する補助制度情報などに関しても精通していますし、福祉住環境コーディネーター2級資格を持っていれば、介護保険の補助申請時に必要な「住宅改修が必要な理由書」という書類の作成資格もありますので、手続きにおいても何かと頼れる存在です。

ハートステーションは代表の高田が上位資格である福祉住環境コーディネーター1級を保持しています。

介護保険や医療保険等の制度により、利用者の介護を伴う生活が経済的な面等で負担無く送れるようにご提案しており、ケアマネージャーの方からも介護に精通した人がいて心強かったと声をいただきます。

申請には「住宅改修理由書」が必要!

また、申請の際にはいくつかの書類が必要です。そのうちのひとつである「住宅改修理由書」の作成は、居宅介護支援事業者等に所属する介護支援専門員または作業療法士、福祉住環境コーディネーター2級以上等の有資格者に限られております。

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。高齢者や障害者の住環境の問題点やニーズの発見、住環境整備の方向性や方針の決定、本人や家族、ケアマネージャー、リフォーム会社などとの調整、施工後のフォローアップに至る一連の流れをコーディネートする役割を担います。

ハートステーションなら、福祉住環境コーディネーター1級が所属しているため、この手続きをスムーズに行うことができます。

給付対象の工事

給付対象の工事

玄関、廊下、階段、トイレ、浴室、洗面所などの屋内に設置する手するの他、出入り口から道路までの屋外手すりにも適用されます。

床段差の解消

引き戸レールや敷居の段差を撤去したり、玄関や浴室、出入り口などの段差をスロープや踏み台、床工事などにより解消する場合に適用されます。

滑りの防止、移動の円滑化などのための床または通路面の材料の変更

車イスが利用しにくい畳床や、歩行時に滑りやすい床を、フローリングや固い床材などに変更する場合に適用されます。

引き戸などへの扉の取り替え

介護を必要とする人が開けにくいとされる開き戸を、引き戸や折れ戸、アコーディオンカーテンなどに変更する場合に適用されます。また手首を傷めていたり、握力が低下している人でも操作しやすいドアノブや戸車の設置も含まれます。

洋室便器などへの便器の取り替え

和式便器よりも介護しやすく、かつ介護されやすい洋式便器への交換や、便器の高さを変更する必要がある場合の洋式便器の取り替えに適用されます。

注意点
※1割は自己負担となるため、実際の保険給付額は18万円までとなります。
※住宅改修の給付は原則として、受給者1人につき、1階限りですが、要介護度が3階以上上がった場合や、転居の場合には再給付が受けられます。また、分割利用も可能です。

介護に精通した有資格者のいる会社を選ぶ

業者選びのひとつの目安として、そのリフォーム会社に、福祉住環境コーディネーターが在籍していれば、なお良いでしょう。
福祉住環境コーディネーターは、福祉・医療・建築、それぞれの専門家と連携して活動し、介護を受ける本人とその家族の希望に合わせた住宅デザインを提案しています。高齢者にとって住みやすい住宅づくりのポイントをよく知っているだけでなく、介護リフォームに関する補助制度情報などに関しても精通していますし、福祉住環境コーディネーター2級資格を持っていれば、介護保険の補助申請時に必要な「住宅改修が必要な理由書」という書類の作成資格もありますので、手続きにおいても何かと頼れる存在です。
ハートステーションは代表の高田が上位資格である福祉住環境コーディネーター1級を保持しています。また、弊社は専門的な助成金にも精通しており、必要な書類と申請もサポートするので、安心してお任せいただけます。

介護保険や医療保険等の制度により、利用者の介護を伴う生活が経済的な面等で負担無く送れるようにご提案しており、ケアマネージャーの方からも介護に精通した人がいて心強かったと声をいただきます。

ハートステーションの主な所有資格

福祉住環境コーディネーター1級、
二級建築士、インテリアコーディネーターなど

介護保険制度適用住宅改修支給の流れ

介護保険を使う場合、住まいの市区町村で決められた申請書類に記入するのは必要です。工事を行う前に事前申請書類一式を提出して役所からの決定通知書を待ちます。決定がおりてから工事を行い、また工事完了後に事後申請書類一式を役所に提出して完了です。

ハートステーションでは申請手続きに必要な各区市町村別の申請書類を用意してありますのでお気軽にご相談下さい。

よく一緒にご覧されているページ