練馬区で介護リフォームするならハートステーションにお任せ:外部の住宅改修ポイント

練馬で介護リフォームするならハートステーション

外部の住宅改修(介護リフォーム)ポイント&施工事例


外部アプローチがしっかりと整備されていて、安心して外出できる環境は、ADL(日常生活動作)・QOL(生活の質)の向上においても重要です。郵便物を取りに行ったりゴミを出したり、散歩や友人との交流に出掛けたりと、地域社会とのアプローチをスムーズにすることで、日々の生活に変化や刺激が加わり、自立心の向上にも繋がるでしょう。

外部の改修を行う際は、改善したい動作・動線を再確認する!

□ 玄関までの移動
□ 玄関ドアの開閉
□ 玄関ドアの施錠・開錠
□ 外出時の道路までの移動
□ 庭など敷地内の移動
□ 門扉の開閉

外部手すりの取付け方法

外部手すりの取付け方は、床に固定する工法と壁に固定する工法があります。床に固定する工法は、アンカーベースを使用する「アンカー固定式」と、支柱を埋設する「埋め込み固定式」に分かれ、現場の状況に応じて適切な工法を選定するため、事前調査での確認が重要となります。














CASE01 手すりで気持ちもバリアフリー


改善したい動作・動線=『外出時の移動』 

■保険適用=介護保険住宅改修適用  ■工事期間=着工より1日以内


介護予防の観点で出来る手すり取付けは、身体的負担の軽減・転倒防止に効果は抜群です。グラウンドゴルフへ通われているご利用者様は、「手すりを取付けたことで外出しやすい環境になった」との事。転ばぬ先の杖として、ADL・QOLの向上にも手すりの効果は絶大です。



CASE02 玄関3枚引き戸・伸縮門扉へ交換


改善したい動作・動線=『玄関ドアの開閉 』 ・ 『門扉の開閉』

■保険適用=介護保険住宅改修適用  ■工事期間=着工より5日以内





玄関引き戸と外部門扉の間口が狭く段差もあったので、物の出し入れがとてもしにくい状態でした。

玄関は3枚引き戸へ交換し、門扉はアコーディオン門扉に交換した事で、間口がとても広くなり外出がとてもしやすくなりました。


CASE03 段差解消スロープ造作


改善したい動作・動線=『外出時の道路までの移動』

■保険適用=介護保険住宅改修適用  ■工事期間=着工より3日以内


以前は、外出する際に着脱式のスロープを使用していたが、頻繁に外出するため、固定式スロープを採用しました。カラーコンクリート仕上げ。

外出する際は着脱式スロープを利用していた。

インターロッキングのに合わせてカラーコンクリートを採用。


CASE04 段差解消スロープ + ウッドデッキ造作 + 手すり取付け


改善したい動作・動線=『外出時の道路までの移動』

■保険適用=介護保険住宅改修適用  ■工事期間=着工より6日以内


車いすでは段差がバリアとなり家の出入りがとても困難でした。



スロープを設置し寝室から門扉まで車いすに乗ったまま外出ができる様になりました。


CASE05 段差解消スロープ + 手すり取付け


改善したい動作・動線=『外出時の道路までの移動』

■保険適用=介護保険住宅改修適用  ■工事期間=着工より4日以内



玄関から門までの動線に高さが異なる段差があるため、歩きにくく転倒しそうになる事もしばしば。段差がある事でシルバーカーの出し入れがとても困難


スロープで段差を解消し、転倒防止のため手すりを設置したので、外出がとても楽になった。段差がないのでシルバーカーの出し入れもラクラク。

スロープは水はけ・防滑・歩行感に優れた天然石舗装材仕上げ


CASE06 段差の軽減 + 滑り防止タイル張り


改善したい動作・動線=『外出時の道路までの移動』

■保険適用=介護保険住宅改修適用  ■工事期間=着工より4日以内


門扉の手前側の傾斜がきつく、何度も転倒しそうになった。

住宅改修を行って本当に歩きやすくなった。門扉も交換してもらいキレイになって良かった!

よく一緒に閲覧されているページ

外部の住宅改修施工事例  介護保険
外部手すりの選び方 玄関の住宅改修ポイント  外部の住宅改修施工事例

東京での介護リフォームをお考えの方はこちら

介護保険対応住宅改修カタログ

介護リフォームについてのお問い合わせ

思い立ったが吉日


介護リフォーム専門店の施工管理Blog